昨日は支部長会議から始まって、審判講習会まで行いました。
image



審判講習会では、反則に対しての判定を厳しくとると言われ、その一連の動作確認。

しかし、反則の基準が厳しい。

選手もわかっていないと、なかなかうまく進行しないかも。

具体例を挙げると、まず相手を押す動作も注意。相手の拳を抑えても反則行為。

わずかに手で引っ掛けて攻撃しても反則。
つまり相手に触れてる時は、拳で叩いているか足で蹴ってるかのいずれかになる。

キックボクシングでいうところの蹴り足を掴んで二歩どころではなく、掴んで攻撃したら反則。

要するに、K-1ルールに近い。いや、それよりも厳しいかも。

とにかく、本日の大会、
いつになく緊張しています(^_^;)
image