ほとんど表舞台には出て来ず、
いや逆に出て来られたら、ちょっとまずい(苦笑)

しかし、この人々がいなければ、
決してイベントはなりたたない。


そんな方々をご紹介していきます!


 
第一回目は大会ドクター・・・




ひじありという過酷なルールの中
プロ選手たちは闘い抜きました。




額を切られた選手やダウンした選手を看たりと
ひっきりなしに対応します。




本部席の私の横にいらしたので、
今回はその大変な様子がよくわかりました。




しかしドクター本人が格闘技好きな方でしたので、
少々の無理(?)も聞いていただけたので、とてもラッキーでした。



アマチュアのドクターチェックからスタートして、
プロ本戦まで、延々10時間は会場にいたはずです(゚Д゚≡゚д゚)エッ!?


本当にありがとうございました。



いわゆる「リングドクター」がいるからこそ、
我々は安心して試合ができるというものです。

IMG_0011








 








ありがとうございました!